--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.01.24

自作水槽台 寸法

今回は前回の自作水槽台の寸法の覚書です。
紙に書いても無くすし、記憶しておくのも難しいのでメモしておこうと思います。

2☓4で木材の寸法が38mm☓89mmの場合
水槽台の最終的な高さを700にしたい場合
天板は厚さ10mmの板を使うとした場合
水槽台

カット依頼と本数
690mm*4
524mm*4
512mm*4
224mm*5

1820mmの木材の場合5本必要。
木材の反り、歪みが酷い材料なので品定めが最重要!
天板、棚を付ける場合はその分の材料がさらに必要。
65mmコースレッドは60本入りのものでOK。
カット誤差や部材の状態で1~2mm程度の誤差が生じる場合がある。

こんなとこかな?



<追記>
上記の構造では横揺れに対する耐震性が弱いという指摘を受けたので以下修正版。
suisoudai1-1.jpg
この場合のカット依頼と本数
690mm*4
524mm*4
512mm*4
224mm*4
448mm*1(底面にも付ける場合は2)出来れば底面にも付けたほうが良いとのこと


参考にされる方は参考にされて構いませんがノークレームでお願いします^^

今後も加除修正があれば行っていきます。





ブログランキング参加中!!ポチっと応援お願いします^^

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://hirojet0127.blog82.fc2.com/tb.php/338-e03953b5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
はじめまして。
いきなりこんなこと言うのも失礼かもしれませんが、ちょっとそれだと地震の多い日本ではきついです。
どこがまずいのかといいますと。
水槽が乗るところを上から見ると「I」こうなってますよね
この構造だと横揺れに対して弱いので危険です。
なので「-」こんな感じにしたほうがいいです。
そしてできるのなら下の枠もそうしたほうがいいです。
自分は建築とかそういう知識はないのですが水槽台の自作は4回ほどあります。
一応適当な画像を添付しておきました。ご自由にお使いください。
Posted by hositaro at 2011.01.24 20:45 | 編集
>hositaroさん
はじめまして^^
僕も素人ですので指摘は歓迎です。
確かに横方向に荷重が掛かったときに危険かもしれませんね。
次回の参考にさせていただきます。
Posted by hirojet at 2011.01.24 23:47 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。