--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.06.05

続 ルミノ24W

以前、照明の波長について記事にしましたが
2度目の質疑・応答が終了しましたんで
結果を載せたいと思います!

hirojet → メーカー
先日は回答を頂きましてありがとうございました。
更に細かいところをお聞きしたいのですが
赤、青、緑の波長域とのことですが
具体的な数値は分かりませんでしょうか?
または赤、青、緑のそれぞれの波長の数値は決まったものでどのライトでも変わらないのでしょうか?
よろしくお願いします。

メーカー → hirojet
お客様へ
弊社商品ご利用有難う御座います。
ご質問の「赤、青、緑」の波長の件でございますが
可視光線の波長の範囲でございます。
きっちり確定した数字では御座いませんが
約400nm~約760nmの範囲です。
蛍光灯の発色は目的によって変わると考えます。
例えば海水魚飼育の場合は青い色を好まれ方がおられますし、
また水草の場合は赤い色を好む方がおられます。
ペットの観賞魚売り場に色々な蛍光管が販売されています。(参考までに)
もっと専門的な詳しい知識が必要であればNEC,東芝他蛍光灯のメーカーのほうが
色々な商品のことを教えて頂けると考えます。
上記の様なお答えしか出来なくて申し訳御座いません。
今後におきましても弊社商品のご愛顧を宜しく御願い致します。

と言うことでした。
残念です。
それぞれの波長の数値をしりたかったんですが・・・
今後の追跡調査をするかどうか検討中です。
そして約400nm~約760nmの範囲に光合成に有効な波長が含まれているのかどうか・・・
光合成についてもまだまだ勉強する必要がありますね(^^;;

注)この記事はルミノ24W、またはメーカーを否定する記事ではありません。
  単純に光合成に有効な波長の領域が含まれているか知りたいだけです。
  個人的には明るくて大変満足しています。





ブログランキングに参加しています。
よろしければご協力ください。
FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://hirojet0127.blog82.fc2.com/tb.php/59-67e6b592
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
欲しい情報は手に入りませんでしたが、丁寧に対応してもらえて良かったですね。とわいえ、結局3波長タイプってだけで、ピークがどこか判らなくて残念でしたね^^A
高等植物ではクロロフィルaは420~440μmと、650~680μm位を強く吸収、クロロフィルbは420~460μmを強く吸収するので、これらの波長が沢山でてると良いんですけど・・・

アカリセンター(http://www.akaricenter.com/index.htm)では、扱っている商品のスペクトルが出ており、ビオルックスなどの植物育成用蛍光灯のデータ(http://www.akaricenter.com/suikou/keikou_set.htm#20w)
がここで見れます。
アクアメーカーのスドーも商品情報(http://www.sudo.jp/petproducts/aquarium/aqua_goods/lighting/aqua_lighting.html)でスペクトル出してくれているので親切感があります。
これらのスペクトル特性を参考に他商品と見比べると、見えてくるものがあるかもしれません。
参考までに覗いてみて下さい。
Posted by 浩之 at 2008.06.05 19:46 | 編集
父の調査によると・・・(そんな、大袈裟な!
光合成に使用する光の波長は440nm680nm付近らしいです(by Newton4月号
↑浩之さんと大体同じですね^^
『から』じゃなくて『と』ってトコの表現が微妙ですけどね(汗
蛍光灯の細かいデータが無いと、該当するか分かりませんけど
Posted by TNの父 at 2008.06.05 23:06 | 編集
欲しかった答えは返ってこなかったようですが
丁寧な対応ですね。
案外、一人一人に親切に対応してくれるものなんですね。
これからは
気になることはメーカーに聞け!!ですねw
Posted by くまお at 2008.06.06 01:07 | 編集
>浩之さん
対応は丁寧でしたね!
僕の質問の仕方も悪かったのかもしれませんね・・・
やっぱりピーク時の値の大きさも光合成に影響してくるんですかね?
明るければ良いってことでもないんですね!
スドーのサイトは蛍光管1つずつのグラフがあって分かりやすいですね!
なんかカノーバ欲しくなっちゃいましたw

>TNの父さん
詳細データがないとはっきりしたことは分かりませんね(ーー;)
「光合成に使用する光の波長は440nmと680nm付近らしいです」ってことはこの領域にピークがあれば有効って事なんですよね!?

>くまおさん
丁寧に対応してもらいましたw
自分で考えて分かれば良いんでしょうけど、いくら考えても分かりませんからねw
聞いたほうが手っ取り早いし、はっきりしたことが分かると思うんですよね
これからはくまおさんもドシドシ質問してみてくださいw
Posted by hirojet at 2008.06.06 12:02 | 編集
>やっぱりピーク時の値の大きさも光合成に影響してくるんですかね?

スペクトルデータのピークの意味を誤って理解しているのかも?(違ってたらごめんなさい)
縦軸は光源が出す各波長の光量を示しており、縦軸が大きいほどその波長の光を沢山出ていることを示します。よって、「植物にとって有用な波長の縦軸が大きい値を示している=光合成が活発に行われる」って見ることが出来ます。
ピークって表現が不適格だったかもしれません。。。誤解を招いたなら申し訳ない。
文ばかりで判りにくいかもですが、私のHP内の「植物と光」
http://www.geocities.jp/sagawa0312/aquarium_light2.html
で各波長の特徴を紹介しています。
植物の生長と波長の関係は複雑ですが、植物に有用な波長を理解しつつ、蛍光灯選びをするのも楽しいですよ(^^)b
Posted by 浩之 at 2008.06.06 15:04 | 編集
>浩之さん
「植物にとって有用な波長の縦軸が大きい値を示している=光合成が活発に行われる」
こういう理解でしたよw
表現が下手で上手く伝えられなくてすみませんw
蛍光灯は明るければ良いと思っていたんで今度から違った視点での蛍光灯選びも楽しそうです!
Posted by hirojet at 2008.06.06 15:31 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。